2018.09.03 14:45

台風21号、非常に強い勢力保ちあす四国上陸か 高知県内猛烈な雨

 非常に強い台風21号は9月3日、沖縄・南大東島の東の海上を北上した。4日昼ごろにも紀伊半島から四国に接近し、上陸する恐れがある。勢力を保ち「非常に強い」まま上陸すれば1993年の台風13号以来25年ぶりになる。気象庁は暴風、高波や高潮、土砂災害、浸水、川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。西日本や東日本では4日の帰宅時間帯に交通機関に影響が出る恐れがある。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学社会


ページトップへ