2018.09.02 08:35

高知県須崎市の「新子まつり」好評 初日350匹が即完売

 旬を迎えたメジカ(マルソウダ)の幼魚を味わう「第21回新子まつり」が1日、高知県須崎市桐間南の桐間多目的公園で始まった=写真。荒天の影響で水揚げが少なかったものの、カツオのたたき、鍋焼きラーメンなどの地元食も提供され、家族連れらに好評だった。2日まで。

 午前9時前、新子の売り場前には約150人の行列。お目当ての新子を味わった南国市の会社員、常徳光さん(28)は「並ぶかいがある。もちもちして、ブシュカンがまたよく合いますね」と顔をほころばせた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央


ページトップへ