2018.09.02 08:20

ザ・大道芸 今年もやるよ(1) 遠くを目指す「シルヴプレ」

大胆でコミカルな「シルヴプレ」のパフォーマンス(東京都の上野公園)
大胆でコミカルな「シルヴプレ」のパフォーマンス(東京都の上野公園)

劇場を飛び出して
8、9日 高知フェス2018
 見慣れている場所が普段と違う景色になる。いつもは通り過ぎるだけの街角や公園。大道芸人が立ち動き始めると、あっという間に、その空間は劇場へ。大道芸って、知れば知るほどすごい。

 6月下旬、東京都台東区の上野公園。「まもなく開演です」と書かれた白板が、ぽつんと置かれていた。真っ白な服に身を包んだ男女2人組が、どこか大げさに行進しながら現れると、通行人は不思議そうに足を止めた。

 2人はテニスラケットを手にしてダブルスの試合を始めた。「ほう!」と果敢に打ち返す男性、おどおどと立ちすくむ女性。男性は遠くまで走って打ち返し、さらに遠くまで走って打ち返し、やがて草木をかきわけ、そばの山に登り、姿が見えない所で打ち返し…。どこか遠くから、声だけが、「ほう!」。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会文化・芸能高知中央


ページトップへ