2018.09.01 18:02

「この世界の片隅に」監督が講演 広島・呉、ゼロ戦を語る

 ゼロ戦について語るアニメ映画「この世界の片隅に」の片渕須直監督(右)=1日午後、広島県呉市の大和ミュージアム

 戦時下の日常を描いたアニメ映画「この世界の片隅に」の片渕須直監督が零式艦上戦闘機(ゼロ戦)について語る催しが1日、映画の舞台となった広島県呉市の大和ミュージアムで開かれた。航空技術史を研究する片渕監督は、呉市の経済界の資金で製造され、ソロモン諸島ガダルカナル島に墜落した機体にまつわるエピソードを紹介した。

 片渕監督はガダルカナル島で見つかったゼロ戦が、パプアニューギニアにあった別の機体の部品を再利用した形跡があり、飛行経路やパイロットが推測できると説明。「残された機体から墜落の経緯が読み取れ、搭乗者の消息につながるものがあるかもしれない」と話した。
カテゴリー: 文化・芸能


ページトップへ