2018.09.01 14:35

助けて!わんにゃん 高知の動物愛護を追う(25)猫に罪はない

保護されてなければ、どんな「ニャン生」になっていたことか(高知市内の尾崎圭美さん宅)
保護されてなければ、どんな「ニャン生」になっていたことか(高知市内の尾崎圭美さん宅)
第2部 猫編(12)昼夜逆転でフル稼働
 さて、高知市中心部で8年間も青空譲渡会を続けている尾崎圭美(よしみ)さんの最終回だ。彼女は何者なのか。聞くと郵便局の夜勤契約社員。昼夜逆転の生活を送っていた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会助けて!わんにゃん社会


ページトップへ