2018.09.01 08:15

高知の魅力を世界に発信 6高校の新聞部員39人が合作

説明を聞きつつ、手を動かしてメモを取る。真剣な表情の部員たち(7月23日、県立文学館)
説明を聞きつつ、手を動かしてメモを取る。真剣な表情の部員たち(7月23日、県立文学館)
 高知の魅力、世界に広がれ―。県内6高校の新聞部員39人がこのほど、県内で開催中の「志国高知 幕末維新博」を取材し、2ページの新聞にまとめました。尾﨑正直知事へのインタビューも交えて書き上げた「高知えいとこ新聞」は、インターネットで全世界に公開されます。

 2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、47都道府県の若者が各地の魅力を新聞で発信する「文化プログラム・プレスセンター」の活動。高知県では7月23日に取材会(主催・文化庁、共催・高知県、県高校文化連盟新聞専門部)が開かれました。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育


ページトップへ