2018.09.01 08:33

高知県北川村の「慎太郎茶屋」25年で閉店 地元食材で親しまれ

惜しまれつつ閉店した慎太郎茶屋と、25年間切り盛りした小松寿枝さん(北川村野友甲)
惜しまれつつ閉店した慎太郎茶屋と、25年間切り盛りした小松寿枝さん(北川村野友甲)
 奈半利川のほとりで季節料理を提供し、地域内外の人に親しまれた高知県安芸郡北川村野友甲のレストラン「慎太郎茶屋」が31日、閉店した。オープンから25年。店を開いた亡夫の思いを引き継ぎ、切り盛りしてきた女性店主が体力面の不安などから決心した。村民らは「抜群の眺めと、質量とも納得の料理だった。寂しく、残念」と惜しんでいる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会安芸


ページトップへ