2018.09.01 08:36

高知県内の新規就農265人 Iターンが最多 2017年度

 2017年度の高知県内の新規就農者数は265人だったことが県のまとめで分かった。過去最多だった前年度(276人)は下回ったものの、農家出身ではない「Iターン」の169人は過去最多となった。

 県の統計では、出身地に関係なく、非農家の出身者や実家以外に農地を取得した人を「Iターン」、他産業を離職後に実家に就農した人を「Uターン」と分類。Iターン者は昨年に続き最多を更新した一方、Uターン者は伸び悩んでおり、県農地・担い手対策課は「親元就農の支援に努めたい」とする。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ