2018.09.01 08:10

四国電力が電化住宅を割引 10月から新料金プラン

 四国電力は31日、10月からの家庭向け新料金プランを発表した。平日昼間より夜間と休日の料金を抑え、IH調理器や電気給湯器を利用する電化住宅の家庭は最大10%割り引かれる。

 新プラン「でんかeプラン」は、平日夜間と休日の1キロワット時の料金単価を平日昼間より10円66銭安く設定。IH調理器には「IH割」、空気中の熱を利用するエコキュート等の電気給湯器には「エコキュート割」を適用し、それぞれ毎月5%割り引く。両設備を導入している家庭は「でんか割」として計10%割り引く。

 再生可能エネルギールギーの発電所による電力のみを使う「再エネプレミアムプラン」も導入。多くの家庭が契約する「従量電灯A」より1割程度高くなるが、加入特典としてダムをデザインしたオリジナル切手がもらえるほか、ダムと水力発電所の点検パトロールを体験できるツアーへ抽選で招待する。

 申し込み受け付けは3日から。問い合わせも専用のフリーダイヤル(0120・410・430)へ。(井上学)

カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ