2018.08.31 08:35

LCC就航効果12億円 高知県が観光客増加分試算

ジェットスター・ジャパンが今年12月から高知空港と成田、関西の両空港を結ぶ定期路線を開設することが決まった(写真は高松空港を飛び立つ同社機)
ジェットスター・ジャパンが今年12月から高知空港と成田、関西の両空港を結ぶ定期路線を開設することが決まった(写真は高松空港を飛び立つ同社機)
 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンの高知就航について高知県は30日、新たに来高すると見込まれる県外観光客に限っても、年間で12億円の経済波及効果が期待できるとの見通しを示した。
 
 同社は、高知龍馬空港で初めてのLCCとして、成田、関西空港との路線を12月に就航させると29日に発表した。両路線ともエアバスA320型機(180席)で1日1往復する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ