2018.08.31 08:41

高知県内テナガエビ9/1から禁漁 関係者「資源回復へやむなし」

あすから来年3月まで県内全河川で禁漁となるテナガエビ(30日午前)
あすから来年3月まで県内全河川で禁漁となるテナガエビ(30日午前)

来年3月まで全河川
 9月から来年3月までの7カ月間、高知県内の全河川でテナガエビ類が禁漁となる。資源回復を目的に県内水面漁場管理委員会が実施するもので、禁漁は県内初の試み。冬場の品薄を懸念する声も漏れるが、川漁師や飲食店主からは「川の恵みを次世代に残すため、規制はやむを得ない」との声がもっぱらだ。

 県西部の山間部。30日、胴長を身に着けた男性が前日に川に沈めたという木製の仕掛け10箱を膝まで漬かって引き上げていた。掛かったテナガエビは50匹ほど。「こりゃ、少ない」。落胆の色は隠せなかった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要環境・科学政治・経済


ページトップへ