2018.08.30 17:17

トリチウム水処分の必要性強調 政府小委の委員長

 トリチウム水処分に関する公聴会を終え、取材に応じる政府の小委員会委員長の山本一良・名古屋学芸大副学長=30日午後、福島県富岡町

 東京電力福島第1原発で汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウムを含んだ水の処分を巡り、国民から意見を聞く初の公聴会で海洋放出への反対意見が相次いだことに対し、政府の小委員会委員長の山本一良・名古屋学芸大副学長は30日、「反対意見を重く受け止めるが、永久にタンクで保管する選択肢は考えにくい」と述べ、処分の必要性を改めて強調した。

 福島県富岡町で開かれた公聴会終了後、記者団の取材に答えた。
カテゴリー: 科学・環境


ページトップへ