2018.08.30 08:36

うまいより楽しく 高知出身フィギュア作家デハラユキノリさん

「作品集を見て『自分も好きな事していいんじゃないか』という気持ちになってくれたら」と話すデハラユキノリさん(高知新聞社=島本正人撮影)
「作品集を見て『自分も好きな事していいんじゃないか』という気持ちになってくれたら」と話すデハラユキノリさん(高知新聞社=島本正人撮影)
見た人に「ハワイだね」と言われたが、黒潮町佐賀の海で撮影
見た人に「ハワイだね」と言われたが、黒潮町佐賀の海で撮影
20年で初作品集 サトシ君らに「狂気さ」
 世界に名の知れた超大手企業の広告から、女子のパンツがちらりと見えるカプセル玩具まで、幅広い仕事で個性を発揮するフィギュアイラストレーターのデハラユキノリさん=高知市出身、東京都。このほど出版した初の作品集「DEHARA」は粘土フィギュアなど約2千体を掲載した、20年の集大成と言える濃密な一冊だ。「子どもの頃の楽しい粘土遊びを、おじさんがそのままやってる姿がいい」。よく似合うピンクのTシャツで、創作への思いを語った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能


ページトップへ