2018.08.29 14:40

助けて!わんにゃん 高知の動物愛護を追う(22)「助けてやった」と勘違い

結構、人だかりができる保護猫の青空譲渡会(高知市中心部)
結構、人だかりができる保護猫の青空譲渡会(高知市中心部)
第2部 猫編(9)丸投げされ激論も 
 高知市中心部で猫の青空譲渡会を開く尾崎圭美(よしみ)さん(35)。その代表的な腹立たしいケースは昨年5月に起きた。以下は尾崎さんのフェイスブック「にゃんずハウス」への投稿と、本人の話からである。

 〈ある夫婦から「子猫が公園で衰弱しているのを見つけたので保護してほしい」と連絡が入った。「保護はできても、治療には費用もかかります」と伝えると、「一銭も出せない」とのこと。要はボランティアに連絡だけしてきて、自分たちは何もしない丸投げの人たちだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会助けて!わんにゃん社会


ページトップへ