2018.08.29 08:20

伊能図を巡る-土佐の村々 今昔-第4話 土佐市宇佐町~中土佐町上ノ加江

横浪半島「大難所」
自転車 走行約75キロ (伊能隊の所要日数:10日)
 伊能忠敬一行の測量ルートを記者がたどる企画の第四話。舞台は、測量隊員が「大難所」と書き記した高知県の横浪半島へ。東西の稜線(りょうせん)を縫う「横浪黒潮ライン」を車で下見したところ、アップダウンがあまりにも激しく、自転車での走行は断念。趣向を変えて、シーカヤックで沿岸約20キロを航行した。断崖絶壁を海から見上げ、伊能隊が成し遂げた日本全土「実測」の労苦をしのんだ。

(2)「横浪黒潮ライン」から西を望む。地形の険しさが一目瞭然だ。左に突き出た岬が甲崎。その先端の奥に見える島が神島
(2)「横浪黒潮ライン」から西を望む。地形の険しさが一目瞭然だ。左に突き出た岬が甲崎。その先端の奥に見える島が神島
 【横浪半島】
 横浪半島(土佐市・須崎市)は、これまでとは地形が一変。険しい上に、複雑に入り組んだ「リアス式海岸」だ(写真(2))。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能土佐古地図ナビ文化


ページトップへ