2018.08.29 08:31

打井川は大正の玄関口 高知県四万十町で古道「佐賀越」踏査

佐賀越の古道にある石造物を調べる「奥四万十山の暮らし調査団」のメンバーら(四万十町打井川)
佐賀越の古道にある石造物を調べる「奥四万十山の暮らし調査団」のメンバーら(四万十町打井川)
 高知県高岡郡四万十町大正地域と幡多郡黒潮町佐賀地域の交流の歴史を学ぼうと、四万十町の住民らがこのほど、両地域をつなぐ「佐賀越」と呼ばれる古道を調査した。

 四万十川流域の歴史文化を調べている住民団体「奥四万十山の暮らし調査団」(武内文治代表)が企画。四万十町や高知市の歴史愛好家6人が参加した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高幡

ページトップへ