2018.08.29 08:38

たけしとキムタクCM 高知出身社長が開発リョーマアイアンPR

リョーマアイアンをアピールするビートたけしさん=左=と木村拓哉さん(28日午後、東京都新宿区)
リョーマアイアンをアピールするビートたけしさん=左=と木村拓哉さん(28日午後、東京都新宿区)
 高知県高岡郡日高村出身の谷本俊雄さん(54)が設立したゴルフ用品メーカー「リョーマゴルフ」(東京都渋谷区)のアイアンのCM発表会が28日、都内で開かれ、ビートたけしさんと木村拓哉さんがゴルフ界の“リョーマ”をアピールした。

 2000年設立のリョーマゴルフは、これまでに自社開発のドライバーを販売。「よく飛んで曲がりが少ない」と好評で、累計15万本以上が売れたという。

 今回商品化した「リョーマアイアン」は、「開発に着手してから6~7年」(谷本社長)かけて完成。「ぶれない」「飛んで止まる」のが特徴だという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要スポーツ


ページトップへ