2018.08.28 14:32

助けて!わんにゃん 高知の動物愛護を追う(21)養われる忍耐力

高知市中心部で毎週末、青空譲渡会を開く尾崎圭美さん=右。ケージはビニールシートを巻いて防寒、カイロも敷いている(1月7日)
高知市中心部で毎週末、青空譲渡会を開く尾崎圭美さん=右。ケージはビニールシートを巻いて防寒、カイロも敷いている(1月7日)
第2部 猫編(8)さげすみの目と闘う
 高知市の中心部で、猫の入ったケージを四つ並べて青空譲渡会をする尾崎圭美(よしみ)さん(35)=同市=の言う「養われる忍耐力」。その卑近な例は、初めて会った日の4日前、今年の1月3日のことだった。

 男性が立ち止まり、獣医学博士の名刺を見せ、「これはあくまで、俺の考えやけど、猫はこんな服、着せる必要ない!」と吐き捨てるように言った。

 「これはオシャレじゃありません。子猫なので防寒用なんです」と説明すると、「猫は寒がりではない!」と持論を展開。黙って聞くしかなかったという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会助けて!わんにゃん社会


ページトップへ