2018.08.28 08:40

高知県の新足摺海洋館は地元密着 香川の大規模館と差別化

2020年に開館予定の新足摺海洋館の完成予想図
2020年に開館予定の新足摺海洋館の完成予想図
 2020年夏、高知県土佐清水市の竜串湾に面した「県立足摺海洋館」が建て替えオープンする。2020年3月には香川県宇多津町に展示水量が四国最大の「四国水族館」が誕生する。個性際立つ四国の水族館事情が様変わりしそうな2年後、新足摺海洋館は「地元密着」で勝負する。

2020年に開館予定の四国水族館の完成予想図
2020年に開館予定の四国水族館の完成予想図
 「四国の豊かな水中世界を楽しんでほしい」。今年6月、四国水族館の起工式で運営会社の社長らが胸を張った。

 展示水量約2200トンは新海洋館約710トンの約3倍になる。650トンの大水槽も備え、瀬戸内海や太平洋、四万十川など四国の水景の網羅をうたう。インバウンド利用を含め初年度の来場者目標は120万人を見込む。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会主要幡多


ページトップへ