2018.08.25 14:40

理科って面白い!「高知みらい科学館」盛況 実験ショーに夢中

子どもたちのこの表情! 科学的好奇心が育つ瞬間(高知市の高知みらい科学館)
子どもたちのこの表情! 科学的好奇心が育つ瞬間(高知市の高知みらい科学館)
 子どもたちの理科離れが言われて久しい。7月に結果が発表された全国学力・学習状況調査(学テ)にもその傾向は如実に表れた。そんな折、高知市にこの夏、「高知みらい科学館」が開館した。高知の“科学力”にとって切り札となるか―。

 会場を埋めた100人ほどの子どもや親子連れが、食い入るようにステージを見つめた。

 「この中に入っているのは液体窒素といって氷よりもずっと冷たいんです。マイナス196度です。どれくらい冷たいか確かめてみましょう」。ステージ上の男性はそう言うと、ソフトテニスのボールを液体に浸し、ゆっくりと取り出した。

 「これを落としたらどうなると思う?」。男性は子どもたちを見回した後、竹ばさみでつまんだボールをテーブルに落とした。「バンッ」。大きな音を立てボールは粉々に。「跳ねんがや!」「なんで? なんで?」。驚きの声が上がった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育環境・科学高知中央


ページトップへ