2018.08.25 08:35

全国中学大会 卓球 高知県の明徳義塾女子3位入賞 

【女子団体準決勝 明徳義塾―四天王寺】ダブルス戦、(左から)上沢依・上沢茉が第4ゲームを奪い、2―2のタイとする(広島県立総合体育館)
【女子団体準決勝 明徳義塾―四天王寺】ダブルス戦、(左から)上沢依・上沢茉が第4ゲームを奪い、2―2のタイとする(広島県立総合体育館)
 全国中学校体育大会第8日は24日、広島県立総合体育館などで行われ、卓球で女子団体の明徳義塾が3位入賞を果たした。同じく団体の決勝トーナメントに進んでいた男子の明徳と、土佐女は初戦敗退し、8強入りはならなかった。

明徳女子 全力出し切る 敗戦を糧に「上目指す」
 女子団体の明徳は、準決勝で優勝の四天王寺(大阪)と対戦。昨年からレギュラーを張る4人の2年生が全力でぶつかったが、あえなくストレート負けを喫した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ教育


ページトップへ