2018.08.24 14:34

助けて!わんにゃん高知の動物愛護を追う(18)行政からも頼られて

第2部 猫編(5)怒り覚えても断れず<
県庁敷地内で生まれた子猫4匹を救った経緯が書かれている松岡さんのフェイスブック(2016年6月11日付)
県庁敷地内で生まれた子猫4匹を救った経緯が書かれている松岡さんのフェイスブック(2016年6月11日付)
 2016年に入ると高知にゃんわんの家、松岡理香さんの保護猫活動はエスカレートした。そのきっかけは愛猫「ふうちゃん」の死。2014年秋、生後4カ月の時に瀕死(ひんし)状態で救った下半身不髄の猫だった。
 
 猫のくる病にかかり、脊髄が曲がっておなかに力が入らず、排尿に技術がいる。他人に面倒を任せられないので、週末の高知通いは常に車の助手席に乗せ、わが子同然だった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会助けて!わんにゃん社会


ページトップへ