2018.08.24 08:35

アイスで高知県本山町の魅力発信 さめうらフーズがカフェ

店内にはユズやシソ、地元素材を使った商品が並ぶ(本山町本山の「SORA」)
店内にはユズやシソ、地元素材を使った商品が並ぶ(本山町本山の「SORA」)
地元素材へこだわり ポン酢やジュースも
 高知県長岡郡本山町でアイス製造などを手掛ける「さめうらフーズ」(高石宣夫社長)がこのほど、同町本山の国道439号沿いにカフェ形式の直営店「SORA」をオープン。嶺北産ユズやシソを使った自社製アイスや、ポン酢などを販売し、町産物の発信拠点にもなっている。
 
天まで届けとばかりの「SORAソフト」は高さ約30センチ(本山町本山の「SORA」)
天まで届けとばかりの「SORAソフト」は高さ約30センチ(本山町本山の「SORA」)
 店の正面はガラス張りで、山の緑を見ながらアイスクリームや飲み物を楽しめる。4月末のオープン以来、この夏の猛暑も手伝って、アウトドア観光客はじめ、地元の女性や子どもに人気。スタッフの田岡美春さん(32)は「アイス屋さんと言われる」というが、出店には自社製品のPRはもとより、「本山町を発信する拠点に」との思いが込められている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要政治・経済嶺北


ページトップへ