2018.08.23 08:35

西日本豪雨の被災農家支援拡充を 高知県・尾﨑知事が国へ提言

土砂崩れで根こそぎ木が流されるなどの被害が出たユズ園(7月10日、香美市物部町影仙頭)
土砂崩れで根こそぎ木が流されるなどの被害が出たユズ園(7月10日、香美市物部町影仙頭)
 尾﨑正直知事は8月22日、西日本豪雨による農業被害に関し、農林水産省へ提言を行った。高知県安芸市のユズ農地では、国の復旧事業の補助限度を大きく上回る復旧額が想定されており、補助限度額の見直しや支援の拡充を求めた。

 県の想定では、同市のユズ農地は被災面積が広く、5地区の計7ヘクタール程度で農地災害復旧事業の対象限度額を超えた復旧費が要る。県農業基盤課は「限度額を超える復旧の面積、金額は過去になく大きい」とし、10~12月の査定までの対応が必要となっている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ