2018.08.23 08:30

灰まで焼け 高知県大3万8000冊焼却(4)消えていった提案

現在の永国寺図書館。奥は電動集密書架になっている(高知市永国寺町)
現在の永国寺図書館。奥は電動集密書架になっている(高知市永国寺町)
 高知県立大が焼却した約3万8千冊の本。経緯を調べていくと、作業の前にあらかじめ全対象リストができていたわけではないことが分かってきた。

 最初はぼんやりとした「新図書館に引っ越すには5万冊ぐらい減らす必要がありそうだ」という想定で作業が走りだし、まず棚にある同じ本を片っ端から抜き取って「重複図書」1万2834冊を処分した(2014年7月と15年9月)。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会灰まで焼け教育高知中央社会


ページトップへ