2018.08.22 17:02

Blockchain Seoul 2018が政府首脳、CEO、業界専門家を招いて開催

Blockchain Seoul 2018が政府首脳、CEO、業界専門家を招いて開催

AsiaNet 74852 (1453)

【ソウル(韓国)2018年8月22日PR Newswire=共同通信JBN】
*クリプトバレー、ブロックチェーンの将来を発展させるポリシーの最良事例を討議
*B7サミットにトップ7のクリプトシティーの当局者が参加
*B7 CEOサミットではMainNet開発者が最新の開発状況を討議
*Blockchain EXPOで200以上のブロックチェーン新興企業とプロジェクトを紹介
*2万人以上の参加者はブロックチェーン技術の最新の発展状況を見ることが可能

Blockchain Seoul 2018が2018年9月16日から19日まで、韓国最大の会議場の1つであるCOEXで開催される。

ソウル市が後援するBlockchain Seoul 2018はKorean National Assembly of the 4th Industrial Revelution ForumがMoney Today Media Group、ZDNet、Korea Blockchain Association(韓国ブロックチェーン協会)とともに組織する。

Blockchain Seoul 2018はB7サミット、B7 CEOサミット、Blockchain EXPOの3大イベントが呼び物だ。

Blockchain 7の略称であるB7はスイス、エストニア、リトアニア、シンガポール、韓国などブロックチェーンの優れた事業とテクノロジーを持つ7カ国のことである。スイスからはCVA Regulatory & Policy Working Groupのセシリア・ミュラー・チェン氏、Estonian Crypto Association(エストニア・クリプト協会)のアッセ・サーガ氏、リトアニア経済省副大臣(政府CIO)のエリジャス・シビリス氏、Singapore FinTech Association(シンガポール・フィンテック協会)会長のチア・ホック・ライ氏が9月18日に参加する。

17日のB7 CEOサミットでは世界で7つの最も強力なブロックチェーンプロジェクトを目玉として産業革新を促進する最新の開発状況と考え方について学ぶ。講演者はTezosのキャスリーン・ブライトマン氏とOasis Labsのドーン・ソン教授で、新たに発足したブロックチェーン新興企業を支援して業界を結束させる知見と知識を共有する。

Blockchain EXPOは教育環境を提供することで、ブロックチェーンを誰にとっても日常の技術にすることの追求を呼び物とする。Blockchain Expoには2万人以上の参加者が見込まれており、ブロックチェーン企業がその韓国コミュニティーを構築する上で費用対効果に優れて効率的な方法としての役目を果たす。16日夕方のVIPパーティーで幕を開けるBlockchain Seoulは17日と18日のパーティー後、サイドラインネットワーキングの場を提供する。

女性国会議員で4th Industrial Revolution Forum共同プレジデントのヒギュン・ソン氏は「Blockchain Seoul 2018はプラットフォームを提供する。そこは国際的なファンド、起業家、投資家、開発者が、世界のブロックチェーンプロジェクトを一層発展させて産業の成長を促進するために協力するパートナーを見いだす場である」と述べた。

Blockchain Seoul 2018は、博覧会の来場者が2万人超、カンファレンス出席者が2000人超、ブースが200超、講演者が55人超となると見込んでいる。より詳しい情報と登録はウェブサイト(http://www.blockchainseoul.net/ )を参照。

ソース:Money Today Media Group



【URL】:https://kyodonewsprwire.jp/release/201808227149
カテゴリー: プレスリリース


ページトップへ