2018.08.22 08:31

全中柔道3位を南国市長に報告 高知県の香長中・笠原さん

全中3位を報告する笠原勇馬さん=中央=ら (南国市役所)
全中3位を報告する笠原勇馬さん=中央=ら (南国市役所)
 中国地方で開かれている全国中学校体育大会(全中)で、高知県の香長中学校3年の笠原勇馬さん(14)が男子柔道90キロ超級で3位に入るなど好成績を収めた同校柔道部員が21日、南国市役所で平山耕三市長に成果を報告した。

 トロフィーを手にした笠原さんら部員17人が川崎章正監督(47)らと訪問。広島県で行われた柔道競技を振り返り、笠原さんが「団体戦で負けて悔しくて、個人戦では自分の全てを出し切れました」と報告し、出迎えた職員らの拍手に包まれた。

 川崎監督はほかの選手の活躍も紹介し、「指導者としてうれしい。これに満足せず、引き続き頑張りたい」と笑顔を見せ、平山市長は「香長中の名を全国に知らしめる大活躍。今後も切磋琢磨(せっさたくま)し、さらに上を目指してください」とねぎらった。

 ともにベスト8だった3年の渡辺菜月さん(15)=女子57キロ級=は「高校で結果を残したい」、2年、樋口大翔さん(14)=男子66キロ級=は「もっと組み手を研究したい」と奮起を誓っていた。(大山哲也)

カテゴリー: スポーツ香長


ページトップへ