2018.08.21 14:30

助けて!わんにゃん 高知の動物愛護を追う(15)保健所へ?保護団体へ?

4匹生まれ、もらい手探しは振り出しに戻った(高知市内のAさん宅)
4匹生まれ、もらい手探しは振り出しに戻った(高知市内のAさん宅)
第2部 猫編(2)もし、子猫が現れたら
 ある朝、自宅前に生後すぐの子猫が数匹いたら、あなたはどうする?

 (1)保健所などに持ち込む。(2)保護猫活動家に連絡。(3)もらい主を探すか、自分で飼う。(4)見て見ぬ振りか、どこかへ捨てる…。

 (1)は結局、高知県の小動物管理センター(高知市と四万十市)に運ばれ即日、殺される。乳飲み猫は夜間も授乳が必要で、センターは対応できないためだ。全国的にも同様だ。近年は、乳飲み猫用のミルクボランティア制度を導入している所もあるが、大半は殺処分だ。ただし、目が開き、歯が生えていると、センターは基本的に受け取らない。自分で生きていく力があるとの解釈からだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会助けて!わんにゃん社会


ページトップへ