2018.08.21 08:35

【地震新聞】企業どう備える 熊本地震からBCPで早期復旧

「BCPの策定作業が社員の意識向上、育成にもつながった」と話す天草池田電機の池田博文常務(高知市知寄町2丁目の「ちより街テラス」=高知県提供)
「BCPの策定作業が社員の意識向上、育成にもつながった」と話す天草池田電機の池田博文常務(高知市知寄町2丁目の「ちより街テラス」=高知県提供)
「天草池田電機」常務が講演
 南海トラフ地震など大災害に備え、企業が作る事業継続計画(BCP)。普及に向けた高知県主催の説明会があり、熊本県上天草市の「天草池田電機」常務、池田博文さん(45)が「BCP策定の取り組みと熊本地震での効用」と題して講演した。「BCPがあったから、早期復旧が滞りなくできた」と重要性を語った池田さんの講演要旨を紹介する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会いのぐ地震新聞災害・防災


ページトップへ