2018.08.21 08:40

性別欄、本当に必要? 高知県香南市が申請書などで削除

性別欄が7月1日から削除された香南市の印鑑登録申請書
性別欄が7月1日から削除された香南市の印鑑登録申請書
性別違和配慮し自治体模索
 生まれ持った「体の性」と、自分はこうであるという「心の性」が異なる人たちに配慮しようという自治体の対応が、じわり広がっている。中でも高知県香南市は多くの申請書や証明書などの性別欄の削除を決めた。

 香南市は昨年度、議会での指摘をきっかけに人権課が性別欄の付いた公文書を全庁的に洗い出した。各課で検討し、「男・女」を丸で囲むといった性別欄のある283の公文書のうち、計45の申請書や証明書で欄「削除」を決定。要綱や規則の改正を進めてきた。

 性別欄を残した文書には、学級編成や婚活事業に活用する文書などもあるが、国の法令で定めがあったり、県で統一様式があったりするケースが多い。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会香長


ページトップへ