2018.08.20 08:32

野球でつなぐ縁 高知県馬路村の体育会が地元出身球児と熱戦

対戦を終えて記念撮影する馬路体育会野球部と村出身の高校生ら (馬路村民グラウンド)
対戦を終えて記念撮影する馬路体育会野球部と村出身の高校生ら (馬路村民グラウンド)
Uターン願い交流
 野球でつなぐ村との縁―。高知県安芸郡馬路村の体育会野球部は18日、馬路村出身の高校3年生球児らのチームと村民グラウンドで初めて軟式野球の試合を行った。「村で楽しく野球が続けられることを知ってもらい、Uターンなどを含め、将来の進路の一考に」との思いを込め、真剣勝負を繰り広げた。 

真剣勝負を繰り広げる両チーム(馬路村民グラウンド)
真剣勝負を繰り広げる両チーム(馬路村民グラウンド)
 馬路村は野球が「村技」とまでいわれる土地柄で、体育会野球部は1972年創部。全国大会でも活躍した村の少年野球チーム「馬路スポーツ少年団」から腕を磨き、中学、高校と野球を続けた部員がほとんどだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ安芸


ページトップへ