2018.08.19 08:35

高知県土佐市で大綱引き 800人が力比べ 汗、熱気飛ぶ

豪快に大綱を引き合う男衆(18日夜、高知県土佐市高岡町乙=久保俊典撮影)
豪快に大綱を引き合う男衆(18日夜、高知県土佐市高岡町乙=久保俊典撮影)
 高知県土佐市の夏の風物詩「大綱まつり」が8月18日、土佐市高岡町の県道土佐伊野線で行われた。メインの南北大綱引きでは約800人が汗を飛び散らせ、長さ約80メートル、重さ約1トンの大綱を豪快に引き合った。

 大綱まつりは、藩政時代に野中兼山が「鎌田井筋」を造る際、労働者の士気を鼓舞するために始めたとされる。戦後に一時中断していたが、1978年に復活した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会文化・芸能高知中央


ページトップへ