2018.08.18 08:25

ウミガメ守れる環境に 四万十市で学習会と放流に300人

海に向かう子ガメを見送る親子連れら(四万十市平野)
 ウミガメの産卵が確認されている高知県四万十市平野の砂浜で16日、写真パネルを使った環境学習会と子ガメの放流が行われ、約300人が浜の現状などについて理解を深めた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

カテゴリー: 社会環境・科学幡多


ページトップへ