2018.08.18 08:35

旭食品と高知大が協定 産業振興、地域貢献へ連携

連携協定を結んだ竹内孝久社長=右から2人目=と桜井克年学長=同3人目 (17日午後、高知市の高知大学朝倉キャンパス)
連携協定を結んだ竹内孝久社長=右から2人目=と桜井克年学長=同3人目 (17日午後、高知市の高知大学朝倉キャンパス)
 食品卸大手の旭食品(高知県南国市)と高知大学は17日、食品産業の振興や地域社会への貢献に向けた包括連携協定を結んだ。共同研究や人材交流を通じ、地域食材を使った商品開発や、企業の社会的責任(CSR)活動の推進などに取り組む。

 両者は協定に基づき、高付加価値の商品開発▽食品産業での地元雇用促進▽CSR活動に関する調査・研究▽土佐フードビジネスクリエーター人材創出事業(土佐FBC)への支援▽学生のインターンシップ支援―などを連携して進める。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済教育


ページトップへ