2018.08.18 08:41

山本かまぼこ(室戸市)ハラル認証取得しシンガポールなど展開

シンガポールのデパートでの店頭販売(4月、山本かまぼこ店提供)
シンガポールのデパートでの店頭販売(4月、山本かまぼこ店提供)
海外展開を強化する山本かまぼこ店(室戸市室津)
海外展開を強化する山本かまぼこ店(室戸市室津)
 高知県室戸市の老舗、山本かまぼこ店(同市室津、山本正幸社長)が、海外展開を強化している。昨秋からシンガポールのデパートでの外商をスタート。イスラム教徒の戒律に適応した商品であることを示す「ハラル認証」も6月に取得し、インドネシアなどへの販路拡大を図っている。

 1938年の創業で2001年に法人化。かまぼこや天ぷら、すり身などを製造し、全国品評会で度々受賞している。地元販売に加え、10年ほど前から県内量販店との取引を拡大しており、18年6月期の年商は1億3500万円。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済室戸


ページトップへ