2018.08.17 10:44

2018仁淀川の再生をめざして 「仁淀川の森と水を考える」シンポジウム

 仁淀川漁業協同組合の主催。仁淀川はのアユの漁獲量は最盛期の17%前後まで減少しています。仁淀川の清流保全に努めるためためにシンポジウムを開催します。仁淀川流域交流会議を始め流域の方々、各関係機関、諸団体と尚一層の結束を固め、仁淀川清流保全推進協議会とも連携していきたいと考えております。
第1部
14時~主催者あいさつなど
15時~16時20分 基調講演=兵庫県立大学 自然・環境科学研究所、講師・三橋弘宗氏「環境保全と治水が共存できるのか」
16時半~17時 高知県内水面漁業センター研究員、占部敦史氏「高知のアユを増やすために」
第2部
17時半~ 交流懇談会(利きアユ会)

開催日 8月26日
場所 グランディール(土佐市高岡町甲)
時間 14時~17時
入場料・参加料 無料
カテゴリー: 講演会


ページトップへ