2018.08.16 08:35

9/22高知県田野町にお化けわんさか イベント拡充で総踊りも

肝試しを楽しんだ昨年の「まちなかおばけストリート」(田野町の芝商店街)
肝試しを楽しんだ昨年の「まちなかおばけストリート」(田野町の芝商店街)
 高知県安芸郡田野町は9月22日、「お化け」をテーマにした観光イベント「第2回まちなかおばけストリート」を行う。昨年の倍となる約130人の町民らがフランケンシュタインやゾンビなどに扮(ふん)し、お化けの“総踊り”も取り入れる。

 高知県指定文化財「岡御殿」を中心会場とする「志国高知 幕末維新博」の関連企画。町の魅力と歴史を体感してもらい、商店街活性化も図ろうと昨年初めて行い、千人が訪れた。

 今年は開始時間を早めて午後3時にスタート。岡御殿や芝商店街、野根山二十三士が眠る福田(ふくでん)寺などを会場に、お化けが闊歩(かっぽ)するエリアを新たに設ける。田野町公認キャラクターのタレント、ユージさんもお化けに扮する。

 やぐらを組んだ盆踊りゾーンを役場前に新設し、最後は全員でマイケル・ジャクソンさんの「スリラー」に合わせて踊る。土佐くろしお鉄道と高知東部交通は当日、お化けをテーマにした列車、バスを走らせる。

 常石博高町長は「町民や企業と地域一丸で行う手づくりのイベント。町全体を楽しんでもらう秋の風物詩として定着させたい」と話している。(北原省吾)

お化け役募集
 田野町は、お化け役や、不要になった浴衣などお化けの衣装を募っている。飲食などの出店も募集中。締め切りは8月20日。当日は高知理容美容専門学校(高知市)の学生約40人がメイクを施す。問い合わせは田野町まちづくり推進課(0887・38・2813)へ。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能幕末維新博安芸観光


ページトップへ