2018.08.16 08:32

ばあちゃんの手芸を返礼に 高知県室戸市のふるさと納税

高齢者手作りの手芸品が、ふるさと納税の返礼品に(室戸市の吉良川公民館)
高齢者手作りの手芸品が、ふるさと納税の返礼品に(室戸市の吉良川公民館)
介護予防 生きがいにも
 地域の高齢者が介護予防活動の一環として作った手芸品が、高知県室戸市のふるさと納税の返礼品に出品されている。寄付の一部をクラブの活動費に充てることにしており、室戸市保健介護課は「生きがいづくりにもつなげたい」としている。

 室戸市内には、65歳以上の住民が介護予防活動をする「げんきクラブ」が、地区ごとに22カ所あり、運動や手芸品制作などに取り組んでいる。「活動費を自分たちで賄うとともに、寄付による応援が喜びにつながれば」(同課)と、ふるさと納税を活用することになり、7月下旬に出品を始めた。

 返礼品を出しているのは、室戸市吉良川町の「げんきクラブはぎ」。月2回集まり、着古した着物を活用して、ポーチや押し絵を制作している。「出来上がったら楽しい」「返礼品になるなんて夢にも思わなかった」と、にぎやかに作業している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会室戸


ページトップへ