2018.08.16 08:35

「エモやん」江本孟紀さん71冊目エージ出版 球界や政界回顧

「初めて人生を振り返った本ですわ」と話す江本孟紀さん(東京・浅草)
「初めて人生を振り返った本ですわ」と話す江本孟紀さん(東京・浅草)
「野球バカは死なず」
 高知市出身の元プロ野球選手で参院議員も務めた江本孟紀さん(71)がこのほど、「野球バカは死なず」(文春新書)を書き下ろした。年齢と同じ71冊目の出版。ゴルフの「エージシュート」ならぬ“エージ出版”となった新著で、球界や政界の思い出、昨年患った胃がんなどを振り返っている。

 江本さんは高知商業高校、法政大などを経て1971年にプロ野球入り。南海ホークス(当時)と阪神タイガースで通算113勝を挙げ、1981年に“首脳陣批判”で引退した。1992、1998年の参院選で連続当選。現在はプロ野球解説者や高知ファイティングドッグス総監督などを務めている。

 著書も多く、82年に初めて書き下ろした「プロ野球を10倍楽しく見る方法」はベストセラーになった。71冊目となる「野球バカは死なず」も球界や政界、芸能界のこぼれ話や裏話を、毒舌やちゃめっ気たっぷりの“エモやん節”で紹介。古希を迎えた昨年、胃がんの手術を受けたことで「人生を終わりまで楽しむ」決意が固まったこともつづっている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要スポーツ文化・芸能


ページトップへ