2018.08.15 08:34

親の夜型生活改善を 早大教授ら高知県四万十町で育児セミナー

園児と一緒に「親子ふれあい体操」を体験する早大の研究生ら(四万十町見付の見付保育所) 
園児と一緒に「親子ふれあい体操」を体験する早大の研究生ら(四万十町見付の見付保育所) 
 子どもの健やかな成長を目指して情報交換する「第9回すこやかキッズ支援西日本セミナー」がこのほど、高知県高岡郡四万十町窪川地域で開かれた。全国の専門家や県内の小中学校教員、保育士ら約100人が研究発表や実践体験を通して「食べて、動いて、よく寝る」という生活リズムの大切さを学んだ。

 育児支援をアジアで展開する早稲田大学人間科学学術院の前橋明教授(63)が代表を務める「インターナショナルすこやかキッズ支援ネットワーク」の主催。前橋ゼミが毎夏実施している高知合宿に合わせ、10~12日に開いた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 子育て教育社会高幡


ページトップへ