2018.08.15 08:30

高知県の室戸高校が西日本豪雨で義援金

 高知県室戸市の室戸高校がこのほど、西日本豪雨の被災地支援として14万5千円を寄付した。

 室戸高校では生徒会を中心に、7月中旬から校内やイベント会場で募金を呼び掛け。今月6日に市役所で寄付を募った後、集まった金を四国銀行室戸支店に持参した。室戸市商工会が集め、室戸高校に託された支援金約3万5千円も含まれている。

 義援金は四国銀行を通じて日本赤十字社へ寄付。高知県と、生徒に出身者が多い広島県の2口に分けて送られた。
カテゴリー: 社会西日本豪雨教育災害・防災室戸


ページトップへ