2018.08.15 08:00

小社会 2月に亡くなった俳人の金子兜太(とうた)さんは...

 2月に亡くなった俳人の金子兜太(とうた)さんは戦争中、西太平洋のトラック島に出征した。食糧調達の役目を担ったが、大勢の人が餓死したり病死したりするのを助けられず、しかも亡きがらを現地に置いて帰らざるを得なかった。

 金子さんは「死の現場」と呼んだ。戦場のむごたらしい現実を直視することの重要性を伝えたかったのだろう。一橋大教授の歴史学者、吉田裕さんが「兵士の目線・立ち位置」でその死の現場を捉え直したのが、昨年末に出した「日本軍兵士」(中公新書)だ。

 読んで楽しい本ではない。膨大な戦病死と餓死、艦船ごと沈んだ海没死、高い自殺率、「処置」という名の傷病兵の殺害…。さまざまな死をはじめ、日本兵が強いられた悲惨な現実と、背景の軍事思想などがえぐり出されている。

 ベストセラーという。戦争や軍隊について知りたい、考えたいと思う人が増えているのだろう。9回出撃し生還した特攻兵を描いた、鴻上尚史さんの「不死身の特攻兵」(講談社現代新書)も売れ行き好調のようだ。

 きょうで敗戦から73年になる。死の現場を体験した人はどれくらい残っているだろう。やがてゼロになるのは避けられない。これまで口を開くことをためらっていた元兵士らも、それぞれの体験をありのまま後世に伝えてほしい。

 しっかりと引き継いでいくことが、個人が国家に翻弄(ほんろう)され、犠牲となる時代の再来を防ぐための力となる。


8月15日のこよみ。
旧暦の7月5日に当たります。つちのと う 六白 大安。
日の出は5時28分、日の入りは18時53分。
月の出は9時24分、月の入りは21時38分、月齢は3.7です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で2時22分、潮位69センチと、14時40分、潮位43センチです。
満潮は8時21分、潮位193センチと、20時58分、潮位191センチです。

8月16日のこよみ。
旧暦の7月6日に当たります。かのえ たつ 五黄 赤口。
日の出は5時28分、日の入りは18時52分。
月の出は10時27分、月の入りは22時13分、月齢は4.7です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で3時06分、潮位69センチと、15時16分、潮位64センチです。
満潮は9時08分、潮位178センチと、21時30分、潮位183センチです。


カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ