2018.08.14 08:35

夏の高校野球 高知商業、軽めの調整 8/16の済美戦へ英気

ストレッチで体をほぐす高知商業ナイン(津門中央公園球場=佐藤邦昭撮影)
ストレッチで体をほぐす高知商業ナイン(津門中央公園球場=佐藤邦昭撮影)
 2回戦の勝利から一夜明けた高知商業ナインは8月13日午後、兵庫県西宮市の津門中央公園球場で割り当て練習。いつもより短い約50分間、ストレッチなどで体をほぐした。

 甲子園入りして、丸2週間となるナイン。ここまで2試合を戦ったことや、前日の試合終了が午後7時22分と遅かったこともあり、さすがに疲れがたまっている様子。この日はバットやグラブ、ボールなどは一切使わず、ランニングやストレッチなどに終始した。

 「ひと汗かいて、体の切れだけは失わないようにした。あしたから、仕上げていく」と上田監督。慶応戦で4打数2安打1打点と活躍した中軸の山崎も「体力的にも、精神的にも少し疲れているが、調子は悪くない。しっかり疲れをとって、次もガンガン打ちたい」と意欲を見せていた。

 その後、ナインは球場近くの銭湯でリフレッシュ。16日の済美戦に向け、英気を養った。(村上和陽)

関連記事

もっと見る



ページトップへ