2018.08.14 08:00

小社会 表現はともかくとして、「越中の女一揆」が全国の...

 表現はともかくとして、「越中の女一揆」が全国の新聞で報じられたのは1918(大正7)年の夏。富山県魚津町(現魚津市)などの漁師の妻らが米の積み出し停止や安売りを求め、次々に米蔵や役場におしかけた。

 シベリア出兵を見込んだ投機などによって、米価が暴騰したためだ。7月中旬からの3週間ほどで、1・6倍以上に跳ね上がったとされる。地域によってはもっとひどかったようだ。動きは瞬く間に全国各地に広がり、多くの庶民らが生活防衛のために立ち上がった。米騒動である。

 ピークとされる8月中旬には、大都市を中心に米屋や米穀取引所への襲撃など暴動も相次いだ。神戸では仁淀川町出身の金子直吉が大番頭として切り盛りした総合商社「鈴木商店」が焼き打ちに遭っている。

 時の寺内正毅内閣は軍隊を大量動員して鎮圧するとともに、8月14日に米騒動に関する新聞報道を全面的に禁止した。鈴木商店の襲撃は大手新聞のあおりが招いたともいわれるが、言論弾圧によって政府批判を封じようとする強権ぶりだ。

 政府は厳しい批判を浴びた。東洋経済新報の記者だった石橋湛山(戦後に首相)は9月、「政府がその第一任務たる国民全体の生活を擁護せず、かえってこれを脅かし、これを不安に陥れた」と断じている。

 寺内首相の辞任は9月21日。名もない女性たちの反乱が首相退陣に至った大正デモクラシーの輝きの一幕だろう。


8月14日のこよみ。
旧暦の7月4日に当たります。つちのえ とら 七赤 仏滅。
日の出は5時27分、日の入りは18時54分。
月の出は8時19分、月の入りは21時02分、月齢は2.7です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で1時40分、潮位71センチと、14時02分、潮位25センチです。
満潮は7時35分、潮位203センチと、20時25分、潮位198センチです。

8月15日のこよみ。
旧暦の7月5日に当たります。つちのと う 六白 大安。
日の出は5時28分、日の入りは18時53分。
月の出は9時24分、月の入りは21時38分、月齢は3.7です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で2時22分、潮位69センチと、14時40分、潮位43センチです。
満潮は8時21分、潮位193センチと、20時58分、潮位191センチです。


カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ