2018.08.14 08:35

高知県三原村産でユズこしょう人気 村出身・安沢さん生産

さわやかでぴりりとした味わいが人気の「ゆずからりん」
さわやかでぴりりとした味わいが人気の「ゆずからりん」
珍しいふりかけ状 年間2万個 村内でも販売
 高知県幡多郡三原村出身で堺市在住の男性の会社が同村産のユズを使用し、ふりかけ状のユズこしょう「ゆずからりん」を生産している。さわやかでぴりりとした味わいが人気で、村内でもリピーターが増えている。

安沢凱包さん
安沢凱包さん
 安沢凱包(よしかね)さん(73)は、三原中学校卒業まで村で過ごし、大阪で電気工事関係の会社に就職した。約20年前、妻の和子さん(66)=大阪市出身=が、知り合いから習ったレシピでユズこしょうづくりを始めたという。

 以来、毎年手作りし、知人に配るようになると、誰からも好評で「商売したら」と勧められた。2人が定年退職した後の2011年、株式会社「柚子辛凜(ゆずからりん)」を設立。本格的に生産を始めると、関西を中心にホテルやデパートにも販路が広がり、年間約2万個を売るほどになった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会


ページトップへ