2018.08.13 08:35

夏の高校野球 高知商業が北神奈川代表・慶応を下し3回戦へ

25年ぶりの3回戦進出を果たし、アルプス席に駆け寄る高知商業ナイン(12日夜、甲子園=佐藤邦昭撮影)
25年ぶりの3回戦進出を果たし、アルプス席に駆け寄る高知商業ナイン(12日夜、甲子園=佐藤邦昭撮影)
 第100回全国高校野球選手権大会第8日は8月12日、甲子園球場で2回戦を行い、第4試合で高知県代表の高知商業が慶応(北神奈川)を12―6で下し、25年ぶりに3回戦へ駒を進めた。1大会で2勝を挙げたのは32年ぶり。
 
 高知商業は初回、前田貴友選手の中前打と西村貫輔選手の三塁打で1点を先制。1―2とされた二回には、相手ミスで走者をためると、西村選手の二塁打、藤田昂志郎選手の三塁打など長短4安打を集め、一挙7点を奪い再逆転した。さらに四回には藤田選手と浜田麟太郎選手の適時打などで4点を加え、ダメを押した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ