2018.08.12 08:35

夏の高校野球 高知商業、突破へ活気 8/12慶応と2回戦

2回戦に向け、バントや打撃練習に力を入れる高知商業ナイン(伊丹スポーツセンター=佐藤邦昭撮影)
2回戦に向け、バントや打撃練習に力を入れる高知商業ナイン(伊丹スポーツセンター=佐藤邦昭撮影)
 いざ、勝負―。甲子園の高知商業ナインは8月11日、兵庫県伊丹市の伊丹スポーツセンターで、慶応(北神奈川)との2回戦に向けた最後の練習を行った。

 キャッチボール後の円陣。上田監督は声出しの少ないナインに向けて、「この雰囲気を見よったら、明日で終わりや」と一喝した。即座に、ナインは「終わらせんぞ」と声を張り上げる。続くフリー打撃やノックでは「ナイスバッティング」「おい、今のは捕れたぞ」などと大きな声が飛び交い、練習は一気に活気づいた。

 この日も、フリー打撃に一番長く時間を割き、ナインが次々と快音を響かせた。その脇では、初戦でセーフティーバントを失敗した浜田が左腕相手にバントの練習。「次はしっかり決めたい。小技を絡めないと、今度の相手は崩せない」と丹念に繰り返していた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ