2018.08.12 08:00

小社会 中国革命の父といわれた孫文が1924年、神戸で...

 中国革命の父といわれた孫文が1924年、神戸で行った講演は「大アジア主義講演」と呼ばれている。日本の大アジア主義に対して、「覇道」か、「王道」か、と問い掛ける内容だった。

 武力で国を治める覇道をアジア世界で考えると、他国の征服を意味する。仁徳で天下を治める王道なら、弱い民族への迫害を取り除こうとすることにつながるだろう。日本は覇道を突き進み、敗戦に至った。

 きょうで締結から40年になる日中平和友好条約の交渉でも、「覇権」条項が焦点となった。中国が主張するアジア・太平洋地域での「覇権反対」には、「ソ連反対」の意味があったからだ。一般論なら応じるが、中国の戦略に巻き込まれるのは真っ平、が日本の本音だったといえる。

 当時の鄧小平副首相は園田外相との会談で、東南アジアの国に中国の将来への不安があることを認め、中国は覇権を求めないことを改めて強調した。強大化した経済力と軍事力で世界的に影響力を行使する現在の姿は、40年前の不安をはるかに上回る。

 中国は覇権主義ではないと強く主張するだろうが、南シナ海で強引に進める軍事拠点化などは覇道としか映らない。中国の古典「孟子」はこう説いている。「表面だけは仁政にかこつけながら、本当は武力で威圧するのが覇者である」と。

 良きにつけ、あしきにつけ、わが身に降りかかってくるのが歴史だろう。折に触れて顧みたい。


8月12日のこよみ。
旧暦の7月2日に当たります。 ひのえ ね 九紫 友引。
日の出は5時26分、日の入りは18時56分。
月の出は6時01分、月の入りは19時42分、月齢は0.7です。
潮は大潮で、干潮は高知港標準で0時15分、潮位83センチと、12時40分、潮位3センチです。
満潮は6時01分、潮位208センチと、19時15分、潮位205センチです。

8月13日のこよみ。
旧暦の7月3日に当たります。ひのと うし 八白 先負。
日の出は5時26分、日の入りは18時55分。
月の出は7時11分、月の入りは20時23分、月齢は1.7です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で0時58分、潮位76センチと、13時22分、潮位11センチです。
満潮は6時49分、潮位209センチと、19時51分、潮位203センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ