2018.08.10 14:40

高知のよさこい祭り本番 全開、激しく、鮮やかに

「さあ、いこう!」。本番がスタートしたよさこい祭り(10日午前、高知市の帯屋町演舞場=島本正人撮影)
「さあ、いこう!」。本番がスタートしたよさこい祭り(10日午前、高知市の帯屋町演舞場=島本正人撮影)
 高知の夏開幕―。第65回よさこい祭り本番が8月10日、高知市内16カ所の競演場・演舞場で始まった。206チーム、約1万8千人の踊り子たちが激しく、鮮やかに、お城下をよさこい一色に染め上げる。

 午前11時の帯屋町演舞場の開演を皮切りに、踊り子たちのスイッチが入った。地方車の重低音、踊り子の笑顔、鳴子のリズミカルな響き…。街がうねり始めた。65回連続出場チーム「帯屋町筋」の片岡舞さん(34)は「粋に、あでやかに。65年分の歴史を表現します!」。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能よさこい祭り文化


ページトップへ