2018.08.10 08:35

マンホールカードに「しんじょう君」登場 8/11~高知県須崎市

須崎市で2種類目となる「しんじょう君」のマンホールカード
須崎市で2種類目となる「しんじょう君」のマンホールカード
土佐町のマンホールカード
土佐町のマンホールカード
土佐町も「ダム」図柄発行
 下水道事業のPRのため作られ、全国的に収集熱が高まっているマンホールカード第8弾の配布が8月11日から全国各地で始まる。高知県須崎市は人気キャラクター「しんじょう君」のカードを発行し、同市青木町の「すさきまちかどギャラリー」で配る。今回は土佐郡土佐町も初めて発行し、県内で手に入るカードは計8種類になる。

 カードは、全国で実際に使われているご当地図柄のふたをデザインしたもの。国土交通省や自治体などでつくる「下水道広報プラットホーム」(東京)が企画監修し、2年前に無料配布が始まった。今回の第8弾で、全国のカードは418種類になった。

 コレクターの人気を集めており、発行自治体でしか入手できないため、観光面でも一役買っている。須崎市は第1弾の時、カワセミとヤマザクラのカード1種を発行し、現在までに市役所で約1330枚配布した。大半が市外や県外から訪れた人で、同市建設課は鍋焼きラーメンや須崎観光をPRしたという。

 しんじょう君柄のマンホールのふたは市内に順次設置する予定。11日から色付きの見本をまちかどギャラリーで展示する。月曜休館。

 また、土佐町は早明浦ダムとアジサイの図柄で、同町田井の道の駅「土佐さめうら」で配布する。(早川健)

カテゴリー: 主要社会高知中央嶺北


ページトップへ